2014年01月09日

TOEFLについて

TOEFLは、留学時に英語力を測定するテストとして開発されたもので、日本においては、国内の大学入試や単位認定での活用が徐々に増加しています。

15年度からは国家公務員総合職試験でTOEFLを使用することが決定。

また文部科学省の英語教育改革では、高校卒業時にTOEFL57点以上の実力を目指すという目標が設定されました。大学入試での活用は加速しそうです。

一方世界に目を向けると、TOEFLよりも、英国発のIELTS(アイエルツ)の方が受験者数は多い。英国などへの留学ではIELTSが一般的です。

【関連する記事】
posted by go at 13:21| Comment(0) | TOEIC&TOEFL | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。