2014年01月11日

NHK英語講座を活用する

NHKの英語講座を学習の中心にするのもアリです。
教材を作成している先生のレベルが高く内容の質も高い。1か月分のテキストが1冊420円と安いのもいいですね。

英語上達のカギの一つは「毎日学ぶ」こと。NHK講座はラジオ放送が平日毎日あるので、学習のリズムを無理なく維持しやすいのです。

レベル別NHKラジオ英語講座一覧
(基礎英語1)
 基礎的な会話表現・文法・発音など
(基礎英語2)
 学校や家庭、オフィスなど、様々な場面での英語表現に触れ、発信できる英語力を身に付ける
(基礎英語3)
 コミュニケーションに役立つ「使える英語」を身に付ける
(英会話タイムトライアル)
 英語の瞬発力を鍛えてテンポの良い英会話を目指す
(ラジオ英会話)
 英語らしい英語を楽しみながら身に付ける
(入門ビジネス英語)
 ビジネスで陥りがちな状況の改善・解決に役立つ英語表現を学ぶ
(攻略!英語リスニング)
 自然科学、社会科学、芸術などの長文英語のリスニングをトレーニングする
(ワンポイント・ニュースで英会話)
 NHK国際放送局の英語ニュースで旬の英語表現を「身に付け、話してみる」
(実践ビジネス英語)
 オン・ビジネス、オフ・ビジネスに役立つ実践的なビジネス英語を学習する
posted by go at 13:56| Comment(0) | おすすめ!英語学習法 | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

身の回りの物事を、英語で表現してみる

短い期間で暗記した英文はすぐに忘れてしまいますが、何度も繰り返し、長期間かけて覚えた英文は、頭の中に定着します。

そこで、日常生活で身の回りのものごとを英語で表現するという勉強法があります。
赤ちゃんが言葉を覚えていく過程のように、身近なものから覚えていきます。いきなりニュースや経済英語など覚えようとしても無理があります。

また、アウトプットの練習としては、目に入った物事を瞬時に英語で表現してみるのが効果的です。実際の会話では素早い反応が必要になるので、その点ではよいトレーニングになるのです。

<日常生活英文例>
・私は毎日7時には起きる。
 I wake up at seven every day.
・あと10分だけ寝よう。
 I'll sleep just ten more minutes.
・かばんの中身をチェックする。
 I check inside my bag.
・戸締まりは大丈夫かな?
 I wonder if I locked the door.
・最寄りのバス停まで歩く。
 I walk to the closest bus stop.
・机の上の書類に目を通す。
 I glance at documents on the desk.
・ATMから2万円引き出す。
 I take out twenty thousand yen from automatic teller machine.
・12時半に昼食をとる。
 I eat lunch at 12:30.
・会議に出席する
 I attend meetings.
・計画書を上司に提出する。
 I give the plan to my superior.
・彼はコンピュータについては実に詳しい。
 He is really familiar with computers.
・この仕事は今日の6時までに終えなければならない。
 I have to finish this job by 6 o'clock today.
・担当者が不在だったので名刺を置いていく。
 The person in charge was out,so I left my business card.
・明日、大阪支店へ出張する。
 I'm taking a business trip to a branch office in Osaka tomorrow.
・店の中を見て回る。
 I walk around the store,looking around.
・今日は何が安いかな?
 I wonder what is cheap today.
・イタリア料理の店に予約を入れる。
 I make a reservation at an Italian restaurant.
・今日のお薦めはなんだろう。
 What's today's special?
・これだけじゃあ、物足りないな。
 This is not enough.
・お笑い番組を見る。
 I watch a comedy show.
・最近はあまり面白い番組がないな。
 These days,ther aren't any interesting programs.
・ベッドに入った途端、眠りに落ちる。
 I fall asleep as soon as I get into bed.
posted by go at 13:52| Comment(0) | おすすめ!英語学習法 | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

英語の基礎力UPのやりかた

ここでは、英語の基礎力をアップするための勉強の仕方について考えてみたい。

音読
英語を習得するコツは、意味を把握した文章を繰り返し音読することです。意味を把握するまでは日本語訳を見ながら何度も音読し、最終的には何も見ずに繰り返し音読します。

文法
文法の学習をする上でのポイントは、考えすぎないこと。「解く」のではなく反応するべきものです。たとえば日本語で、「これをリンゴです。」というとすぐに違和感を覚え「これはりんごです。」が正しいと分かるように、英語でも繰り返すうちに瞬間的に答えが出て、正しい反応ができるようになるのです。

単語
1,000語ずつ増やすのがポイント。3,000語レベルの人は4,000語で、知らない単語が30~60%くらい収録されている単語集を使います。

知らない単語の合間に知っている単語が入っていると、潤滑油の役割を果たしてくれてテンポよく学習を進められます。

また、例文から単語のイメージがつかみやすいことも大切です。
たとえばこちらは、一つの例文の中に覚えたい単語が複数入っていて使いやすいと評判です。→http://www.amazon.co.jp/DUO-3-0-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E9%99%BD%E4%B8%80/dp/4900790052

そして真面目な人が陥りやすいのが、掲載されたすべての単語を覚えようとすること。せっかく買った単語集だし全部覚えなければと考えると逆に、非効率的です。例文の語義とそれに関連する単語だけに絞ってしまいましょう。

リスニング
リスニングとヒアリングは別物です。「聴く」と「聞く」の違いです。
本当に英語を聴き取れるようになりたければ、1時間聞き流すヒアリングよりも、10分意識して集中的に聴くリスニングの方が、効果が上がります。

書く
自分が楽に読めるレベルのテキストを使って、日本語訳の方から英文を作成し、元の英文と照らし合わせて自己添削するトレーニングが有効です。
posted by go at 13:41| Comment(0) | おすすめ!英語学習法 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。